家庭教師か学習塾か


家庭教師か学習塾か

現在、多くの家庭で受験を強く意識した教育がされていますね。そうするとやはり、学校の授業を受けるだけでは心配であったり、 他と差をつけたいと考える方が多いのではないでしょうか。その場合思いつくものは、学習塾や家庭教師といったところでしょうか。当サイトでは、 家庭教師について説明をしていますので、お子さんの教育方針にお悩みの方は、是非ご一読ください。家庭教師という言葉は、多くの人が知っているかと思いますが、 主に小学生から高校生に対し、家庭で勉強を教える私教師のことで、国家資格ではありません。
学校の授業の不足を補うため、あるいは受験勉強を指導して志望校に合格させたりするために依頼することが多く、大学生や社会人がアルバイトとして行う場合もあれば、 職業として専業する場合もあります。対して学習塾は、小中学校の放課後などに、有償で学力の補強や学習の補助などをする施設のことです。一般的には単に塾と呼ぶことも多く、 特に受験対策を行う塾を進学塾ともいいます。学校の授業だけでは足りない、不安だと考えられる方は、このどちらかを考えることが多いのではないでしょうか。 この二つのどちらが良いのかとお悩みの方に、 是非当サイトをご覧いただき、検討の参考にしていただけたらと思います。
[特集]
家庭教師を職業としているプロ家庭教師の派遣サイトはこちら → プロ家庭教師



ページTOPへ